お問合せフォームは24時間受付中 

持家vs賃貸

決まり文句

一生で一番高価なお買い物がマイホームの購入

現状賃貸物件に居住している場合はマイホームの購入は検討すべき事項です

マイホームの購入を促す不動産屋の決まり文句は

「家賃は他人に払うもの、住宅ローンの支払いは自分の資産になるもの」

これは半分正解、半分不正解

これが成り立つには将来マイホームを売却できるのが大前提

つまり売れない不動産に投資しても資産にはなりません

それどころか固定資産税を一生負担し、建物が老朽化すれば解体費用が発生します

建物は使用すればするほど価値が減少します

建物の価値がゼロの場合、建物と敷地を売却するためには下記のいずれかの方法になります。

  • 建物を解体した後、土地を売却する
  • 建物解体費用を差し引いた価格で建物と敷地をセットで売却する
MEMO
土地に価値がなければ不動産はマイナスの資産

住宅ローン=資産投資という説明をする場合はこの大前提も併せて説明しなければフェアではありません。

比較

持家 賃貸
固定資産税 負担 負担なし
修繕費用 負担 原則負担なし
増改築 自由 賃貸人の承諾要
店舗又は
事務所利用
自由 原則不可
勤務先の
手当
家賃手当ほど出ない 勤務先規定による
自然災害 家はそのまま 引越せば終わり
投資 将来売却して
金銭換金
資産でない
毎月の
支払い
建物購入費
+利息
貸し手が賃貸利益を上乗せして
いるので余分に支払い
支払困難
の場合
法的な債務
整理手続き
(自己破産
・個人再生)
解約して公営住宅
に引っ越す

団体信用生命保険

通称「団信」

住宅ローンの支払者に万が一の事(死亡や高度障害)が発生した場合に住宅ローンの残高が保険によって支払われる制度

金融機関で融資を受ける場合は加入が必須

つまり住宅ローンを組んだ上でマイホームを購入すれば、住宅ローンが生命保険的な役割になります

これはマイホームを購入する大きなメリットです

結論

持家と賃貸どちらが得かという答えがあれば人は自然と得な方に流れるので得でない方は衰退するはずです

現状どちらも仕組みとして残っているので、それぞれにメリット・デメリットがあると考えられます

自分にあった選択をすることが大切です

持家の検討
  • 親の所有土地を敷地にして新築する場合(建物の費用のみで済む)
  • 自宅兼店舗(事務所)で事業する場合
  • 転勤がない場合
賃貸の検討
  • 最終的に実家を引き継ぐ場合
  • 官舎住みで家賃がかからない場合
  • 高額な家賃手当が出る場合
注意
起業を検討している場合、勤務しているときに住宅ローンを組んでしまう

個人事業主の場合、住宅ローンの審査を通過するのは大変です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です