お問合せフォームは24時間受付中 

印鑑の種類

用語の使い分け

印章

名前が刻印された物体。はんこ。

印影

印を押したあと。紙に押された朱肉のあと。

印鑑

市町村や銀行などに登録した印章(はんこ)の印影

MEMO
印鑑とは物体ではなく、朱肉のあと

印章の分類

実印

市町村に登録した印章(はんこ)。

実印は印鑑証明書とセットで使用します。

お金を借りたり、家などの高価な買い物をしたりする際に捺印するものです。

なぜかというと、実印+印鑑証明付きの契約書は証拠能力が高いからです。

実印は要求された場面以外では捺印するものではありません。

また、偽造防止のため名前の刻印は複雑なものにします。

よって、実印の刻印はフルネームにされる傾向があります。

ただ、実印はフルネームでなく、簡易な刻印のもの(氏又は名のみ)でも登録は可能です。

実印は一生使用するものなので、破損しないように高価なものを購入することをおすすめします。

ただ、フルネームの実印を登録した後に氏の変更があると、実印を作成し直さなければならないことがあるので注意します。

注意
氏が変更する可能性があれば名のみで実印を作る

銀行印

銀行に登録した印章(はんこ)。

預金口座の開設の際に届け出る印章(はんこ)。

預金の引き出しや解約に使用します。

銀行に登録しているので、印鑑証明は発行されません。(印鑑証明書は市町村が発行するもの)

認印

市町村や銀行などに登録していない印章(はんこ)。

実印や銀行印を要求されない契約書に捺印します。

また、宅配便の受領でゴム印(シャチハタ)を使用することがありますが、契約書等にゴム印を捺印するのはやめましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です